パート主婦、世界を旅する

しょうがなくひとり旅をはじめましたが、意外と楽しくやってます

海外旅行気分が味わえる映画【パディントン】はロンドンに移民してきたクマだった!

GoTOキャンペーンは盛況だけど、海外旅行は夢また夢。お家にいながら海外旅行気分が味わえる映画を紹介しまふ。

パディントン】とは

パディントンPaddington
2014年公開
イギリス・フランス共同制作
ファミリー映画
原作マイケル・ボンドくまのパディントン
ストーリー

イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは…彼がクマだから!やっと出会った親切なブラウン婦人に「パディントン」と名付けられ、都会暮らしをはじめてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続!それでも、純粋で礼儀正しいパディントンは、はじめは煙たがっていた心配性のブラウンさんや子どもたちとも仲良くなり、やげて街の人気者になっていく。(Huluより)

 

どんな旅行気分が味わえる?

イギリス・ロンドンのブラウンさん一家にホームステイ
旅行気分  ★★★★★
おススメ度 ★★★★★
見どころ

f:id:keihanamura:20201016124448j:plain

ロンドンの玄関口「パディントン」駅の名前を持つ、子ぐまの「パディントン」。英国紳士として名高い彼は生粋のロンドンっ子ではなくて、暗黒大陸ペルーからやって来た移民クマってことはご存知でしたか?(わたしは知らなかった)なぜ彼はあんなに英国紳士然としてるのか、なんで「パディントン」って名前なのか? なぜあんなに愛されてるのか?なんて謎が解けて、パディントンはロンドン土産に最適なクマのぬいぐるみ」ってことを再認識できる素敵な映画。(写真は妹ちゃんちのパディントン


おすすめポイント

イギリスに憧れるクマ夫婦が超ラブリー

ペルーでパディントンが一緒に暮らしていたパストゥーゾおじさんとルーシーおばさん夫妻。彼らは40年前にイギリスから来たエクスプローラー(探検家)と友だちになり、「いつかロンドンに来たら暖かく迎えるよ」と誘われてた。それ以来、夫婦は毎年マーマレードを作り、英語教材を勉強して、「いつかロンドンに行きたいねぇ」と、いつもパディントンに語っていた。旅行好きなら、絶対共感できるエピソード。

ロンドンのチャーミーな観光名所がたくさん! 

ブラウンさんちに行くタクシー車内から見えるのは、ロンドンアイ、ビッグベン、セントポール大聖堂、タワーブリッジ、ピカデリーサーカスなどの観光名所。運転手に「クマちゃんはロンドンはじめてだろ?」とボラれるブラウンさんの憮然とした表情も見もの。在住者でもボラれちゃうのね!

ブラウンさんちがあるのはポートベロー・ロードのカラフルなアパートメントで、ご近所さんはポートベロー・マーケットの骨董屋。陽気なBGMにもウキウキ♡

ロンドンのお家がワンダフル

ロンドン到着時の天気はやっぱり雨だし、ファミリーレストランのお茶のポット、生クリーム、ブラウンさんちの玄関の棚、オイルヒーター、木のらせん階段、壁紙、バスタブ、トイレのヒモ、カラフルなキッチン、屋根裏部屋の丸窓などなど、「クマ好みの家」は最高にワンダフル。わたしも、こんな素敵な家で暮らしてみたい!

2もイイ!

英国映画「ノッティング・ヒルの恋人たち」や「ブリジットジョーンズの日記」で有名な永遠の色男「ヒュー・グランド」が登場。悪役だけど、憎めないタレ目は健在。

心温まるカワイイ小熊の物語。特に2のラストは泣けちゃいます。急に冷え込んできた秋の夜長に、あったかい気持ちになれること請け合い。ぜひご覧あれ。

「海外旅行」気分が味わえるオススメ小説【コンタクト・ゾーン】海外旅行の時、こんなトラブルが起こったらどうしよう!?という心配がホントーに起こってしまった話

年に1度(できれば2度)海外旅行しないとしんじゃう病なのに、相変わらずのコロナ禍だし、死にそうだったねこは復活たけど心配だし、海外旅行は夢物語。おうちにいながら旅行気分が味わえる本を読んだので紹介しまふ。

コンタクト・ゾーン

f:id:keihanamura:20201006162608j:plain

篠田節子
2003/4/1 発売
毎日新聞社
ストーリー

海外旅行の時、こんなトラブルが起こったらどうしよう!?という心配がホントーに起こってしまった話。

海外旅行で、アジアのリゾート島(※架空の島)へやって来た日本人30代女子3人グループ。高級ホテルと南国ビーチとブランドショッピングを楽しむはずが、なんとクーデター勃発、空港閉鎖!国際電話は繋がらず(※スマホがないころの話)ガイドは死亡、目の前でゲリラ部隊が銃を乱射!からのサバイバル!!!

どんな海外旅行気分が味わえる?

旅行気分度 ★★★★★
おススメ度 ★★★★★
見どころは【30代独身女子、3人3様のサバイバル】

「異国でクーデター勃発」なんて想定外の事件に巻き込まれた彼女らが、それぞれの個性のままに、それぞれのやりかたで生き延びていく姿に胸をうたれる。

だんだん明らかになってくるゲリラの内情や、政府の動き、現地の人々の歴史や生き様など説得力たっぷりで、読み応え充分。日本の日常を逃れて、別世界に没頭できる。ページもたっぷり。

f:id:keihanamura:20201006163525j:plain

おすすめポイント

旅行先では何が起こるか分からない。いざってとき、身ひとつで何ができる? と、考えるきっかけをくれる本。予定はないけど、旅行のために準備しとくことはたくさんある!

足腰鍛えねば

夏に足首を捻挫してから、オソロシイほどに足腰弱っているわたし。でも、これじゃイザってときに走れんやん!朝はラジオ体操、夜はストレッチ、通勤は徒歩。衰えた基礎体力を戻すべし。

やっぱり英語

何かが起こった時、何が起こったのか係員に聞いて理解できる英語力は必須と痛感。集中してラジオ英会話を音読、記憶するべし。

いつでも旅立てる準備をしとく

夏物衣類や布団を片づけて、冬物の準備。夫のスーツはクリーニング。

窓ふき、床ふき、換気扇磨いて、風呂掃除、トイレ、玄関、外回り。カーテンポールや建具も拭きたい。不用品はまとめて捨てて、必要で使うモノと好きなモノだけを厳選。

一気に片づける体力はもうないので、冬が来る前にちまちま進めようと思いまふ。

 

 

【地方在住50代主婦、はじめて東京ひとり旅⑰】羽田空港→福岡

13:20 渋谷ヒカリエ

ちょっと渋谷に寄り道
f:id:keihanamura:20200925090249j:plain

渋谷ヒカリエ9F無料展望台。「まいったな2020」って看板がナイス。って、わたし東京来ちゃったけど。人少な目でヨカッタけど。f:id:keihanamura:20200925090325j:plain
渋谷ヒカリエ、5Fのライフスタイル雑貨屋もステキですた。

14:00 羽田空港

出発2時間前に空港到着

別に1時間前でイイんだけれど、早めに着きたい小心者。SF映画にでてきそうな近未来的マシンでチェックイン。f:id:keihanamura:20200925090439j:plain

f:id:keihanamura:20200925090554j:plain

小腹が空いたので、おにぎりもぐもぐ。f:id:keihanamura:20200925090634j:plain
そーいえばお昼ご飯食べてなかった(スタバロースタリーでフォカッチャサンドは食べたけど)。わたしの場合、ひとり旅だと食事の優先順位は下がりがち。国内旅行はコンビニがあって助かりまふ。

16:05 離陸

f:id:keihanamura:20200925233833j:plain
あー、東京楽しかった。すんごい見どころ多かった。まだあっちもこっちも見たいのに、もう帰らなきゃだなんてつまんない。東京に1ヵ月くらい住んで毎日遊んでいたいわぁ。息子は結婚しちゃったし、夫「3か月東京赴任」とかになればいいのににゃー(鬼嫁)。 ※と、この時は思ったけど、ねこ介護」がはじまったので、夫は福岡にいて手伝ってもらいたいれす。

17:40 福岡空港

f:id:keihanamura:20200925233934j:plainいつもなら夫が迎えに来てくれるけど、今日は平日。迎えナシ。ここから家まで、もうひと旅。まずは地下鉄で2駅、博多駅へ。

博多駅

博多駅の阪急デパートで
f:id:keihanamura:20200925234015j:plain

今夜のお弁当ゲト。500円値引きとかすごくない?f:id:keihanamura:20200925234043j:plain

自宅最寄り駅まではJR快速で15分。ちょうど帰宅ラッシュで座れなかった。荷物は重いし、足が痛いよう。しくしく。f:id:keihanamura:20200925234139j:plain

19:20 帰宅

わたし)ただいま、ぎんちゃん。
ねこ)ふぅん?f:id:keihanamura:20200925234208j:plain

ねこ)ぎんたのごはんは?f:id:keihanamura:20200925234348j:plain

夫に奮発「なだ万弁当 1,383円(△500円)」f:id:keihanamura:20200925234442j:plain

って、わたしも「なだ万弁当 1,148円(△500円)
f:id:keihanamura:20200925234535j:plain

大変美味しくいたらきますた。
f:id:keihanamura:20200925234638j:plain

 

ねこ)ぎんたもイイモノーf:id:keihanamura:20200925234607j:plain

 


おまけの近況

このときは元気だったねこが一気にヨボヨボになっちゃって、家を空けるのは難しくなりますた。今GoToで沸き立ってる世間を見るとキー!と歯噛みしちゃうけど、やっぱりねこを置いては出られない。この時、無理してでも行ってよかった。

ずっと何年も当たり前に旅してきたけど、「旅に出られる」のはラッキーなんだと感じた2020。早くコロナが落ち着きますように。ねこが元気になりますように。

 

【地方在住50代主婦、はじめて東京ひとり旅⑯】代官山

スタバロースタリー東京で、夫に土産を買ったあと
f:id:keihanamura:20200925082347j:plain

12:20代官山

目黒川沿いの道を少し歩いて
f:id:keihanamura:20200924200659j:plain

山みたいな坂を越えてやってきますた代官山。ゼイゼイ。f:id:keihanamura:20200924200745j:plain

カフェ ミケランジェロ

f:id:keihanamura:20200924200827j:plain
「古き良き時代のイタリアンカフェ」を意識してるという、外観だけでもすんごい素敵なカフェ。残念ながらお休みですたが、こーゆー店にひとりで気後れせずに入れるように精進したいと思いまふ。(どうしたらいいんですかね?)

代官山T-SITE

蔦屋書店やスタバのパン屋、おされなカフェが集まった小さなショッピングモール。
f:id:keihanamura:20200924201030j:plain

緑豊かで居心地よさげな場所だけど、別にココじゃなくてもスタバやTUTAYAはいっぱいあるので、観光客的にはスターバックス リザーブ® ロースタリー 東京の勝ち。f:id:keihanamura:20200924201132j:plain

でも、例えばこのへんに住んでて友だちが来たから「じゃー、T-SITEでお茶しよっか?」なんてシチュエーションだったら素敵よねぇ。f:id:keihanamura:20200924201235j:plain

わたし億万長者になったら代官山に住んで、表参道にショッピングに行きたいわぁ。f:id:keihanamura:20200924201325j:plain

LA MARINE FRANCAISE

f:id:keihanamura:20200924201516j:plain雑誌で見て来たけど、まぁまぁ普通の洋服屋さん。ちょい若め。

ハリウッドランチマーケット (HOLLYWOOD RANCH MARKET)

f:id:keihanamura:20200924201546j:plain
長崎で学生だった頃、ココのTシャツに憧れたのよね。今来てみると、めっちゃアメリカン・カジュアルな店でわたし向けでは全くなかった。外からのぞいただけで終了。

かまわぬ

東京・代官山が本店てぬぐい屋さん。
f:id:keihanamura:20200924201701j:plain

伝統文様のシックな色のてぬぐいが、すんごい好み。f:id:keihanamura:20200924201726j:plain

思わず2枚お買い上げ。f:id:keihanamura:20200924201758j:plain
まだもったいなくて使えてないけど、秋色だし、そろそろ洗ってアイロンかけたいと思いまふ。

シェ・リュイ 代官山店

代官山駅に向かう道の途中にあったパン屋。f:id:keihanamura:20200925084621j:plain
よいにおいがしたので、思わず寄り道。「代官山ぶどうぱん172円」意外と安くて、レーズンぎっしり。たいへん美味しゅうございますた。
 

【地方在住50代主婦、はじめて東京ひとり旅⑮】スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

8:00 朝食

東京4日目。息子部屋で迎える最後の朝
f:id:keihanamura:20200924084455j:plain
玉子焼きと、ひじきのサラダ作りますた。

f:id:keihanamura:20200924084534j:plain
じゃーね。

11:00 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

スタバ好きの聖地、スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京に来ましたよ。
f:id:keihanamura:20200924084704j:plain
スタバロースタリーは中目黒にあるけれど、次は代官山@隣駅に行く予定なので、代官山駅で途中下車してコインロッカーに荷物を入れてきた。それから、また電車に乗り直して中目黒へ。中目黒駅からロースタリーまではバスで2駅。東京のバスは乗る時だけピッとすればいいことを知りますた。

 

見どころいっぱい

笑顔がステキなスタッフが迎えてくれた。(写真OK、ブログ掲載OK)
f:id:keihanamura:20200924084817j:plain

黒とゴールドで飾り立てられた魅惑のスポット。f:id:keihanamura:20200924084920j:plain

でっかいマシンで焙煎するとことかf:id:keihanamura:20200924084939j:plain

f:id:keihanamura:20200924090633j:plain

焙煎したての豆売り場f:id:keihanamura:20200924085017j:plain

上階では袋詰めマシンが稼働中。
f:id:keihanamura:20200924085045j:plain

見どころイッパイ。楽しいにゃ。
f:id:keihanamura:20200924085131j:plain

ちょっと遠いけど、スタバ好きならわざわざ行く価値アリだと思いまふ。
f:id:keihanamura:20200924085142j:plain

限定メニュー

「バレルエイジドミントジュレップ」という難しい名前のアイスコーヒーを飲みますた。「ウイスキー樽で熟成したコーヒーのバニラのような甘み・コクと、爽やかなミントの香りが一体となったビバレッジ」f:id:keihanamura:20200924085407j:plain
なんか、いろんな味がしておーいしーい。ミントとコーヒーって意外とあうのね。

f:id:keihanamura:20200924085442j:plain
テラス席や大きな窓に面した席があって、居心地サイコー。明るいスタバもいいもんですな。

f:id:keihanamura:20200924090649j:plain

ずーっとココにいたかった。